×

CATEGORY

ご出産内祝専用カタログ

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  葬儀後の知識と心得

葬儀後の知識と心得

●御礼、支払いについて

無事に葬儀を終えても、やらなければいけないことは沢山あります。
何かと慌しくなりますが、滞りなくすませたいものです。

・世話役・お手伝いいただいた方へ、お礼をしましょう。

・寺院、神社、教会へ(御布施・御ミサ料・御礼)をします。よくわからない方は、直接寺院等へ聞くか、身内や世話役の方に頼んで聞いてもらうとよいでしょう。他に御膳料、御車代も用意しましょう。

・病院、葬儀社、仕出し屋などの支払いは、なるべく早く致しましょう。心づけを包むこともあります。

 

●法要の知識

・仏教では、故人の霊に供物を供えて冥福を祈り供養することを法要といいます。法要を営む際に大切な事は故人を偲ぶ気持ちです。葬儀が済むと、初七日から七七日(四十九日)の忌明けまで七日ごとに法要を行い、その後も一周忌、三回忌など法要を故人の命日に営みます。

・初七日から四十九日までの、七日目ごとというのは、死者が冥土(めいど)にいくと死後から次の世までの間(中陰)、閻魔(えんま)大王の前で七日目ごとに七回の審判を受ける、という考えからきています。特に「四十九日」が重視されるのは、この日の最後の審判で、死者が極楽へ行けるかどうかが決まるからといわれています。この日は死者の霊が家から離れる日とされ、遺族にとっては「忌明け(きあけ)」、関西地方では「満中陰(まんちゅういん」と呼んでいます。

 

●忌中、喪中の心得

・忌中、喪中の期間
「忌」とは、死のけがれを忌(い)むという意味で、かつては死を恐れることから死者はけがれたものと考えられていました。
そうした死のけがれが去らない期間を「忌中」といい、けがれが去った時点を「忌明け」と呼んだものです。
一方、「服」は、喪服をつけて一定の期間、身を慎むことで、そうしなければならない期間を「喪中」といいます。
その期間は、忌中は四十九日まで、喪中は一年間と考えられているようです。

・忌中、喪中期間に慎むこと
忌中期間は神社への参拝や結婚式、落慶式などおめでたい席へは出席しない方がよいとされています。
忌明け以降の喪中期間は差し支えありませんが、自分の側から慶事を主催するのは控えた方がよいとされています。
喪中に迎えた正月は、しめ飾りや鏡餅などは控え、初詣、年始回り、年賀状なども控えましょう。

※弊社指定式場の場合は割引が適用されません。

お買い物画面でのし・ラッピング・メッセージカードをお選び下さい

送り先リストをご利用ください

贈り物の送り先が多数に渡る際、当店では便利な送り先リストをご用意しております。
送り先リストダウンロード>>
上の送り先リスト(エクセルファイル)をダウンロードし、必要項目をご記入の上当店までメールでお送りください。

お支払い方法について

お支払いは、代金引換・銀行振込・クレジットカード決済・オンラインコンビニ決済がご利用頂けます。

代金引換 銀行振込
クレジットカード
オンラインコンビニ決済

返品・交換について

  • 返品をご希望の場合は商品到着後3日以内にE-mailまたはTELにてご連絡下さい。
  • 万一発送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、返送料はこちらが負担いたします。
  • お客様の理由によるご返品の場合、返送料はお客様負担となります。

送料について

送料は一律540円(税込)です。

一箇所に商品代金の合計が10,000円以上の配送は、送料無料になります。
沖縄・北海道は1,080円(税込)となります。

商品によっては送料無料でお届けできるものもございます。各商品の説明をご確認ください。

お問い合せ先

お問い合せは、E-mail・TEL・FAXにて承っております。
E-mail:shopmaster@giftland-ai.com
FREE:0120-071096
TEL:089-997-9222
FAX:089-997-9233